売上アップするPR!! “売れるPR”を実現するPR会社

TM

PRガイドブック ”PRパワーで売れる仕組みづくり” を差し上げます。

ご希望の方はこちらへ

トップ

CONTENTS
>

トップページ

  >

PRガイドブック申し込み

  >

PRのアドバイザー

  >

”売れるPRプログラム”

>

“売れるPR”マスコミでの紹介

>

お客様の声

>

会社概要

>

代表者紹介

>

蒼天設立の主旨とねらい

  >

蒼天はこんなことが得意です

>

マーケティングの考え方

>

PR活動徒然草

>

販売戦略検討会

>

クリエーター募集

>

40才代で起業する方へ

>

FAQ・問い合わせ先

>

個人情報保護方針

>

相互リンクのページ

ENGLISH
お問い合わせ
info@sohten.co.jp
03-4360-5670(代)

もっと “売れるPR” って何?

新製品を発売するときには広告をうつのが当たり前、って思っていませんか?


「社長、来月の新製品はどうやって売り出しましょうか?」PRを知らないと損をする
「そりゃ、広告を出すしか無いだろう。新聞と雑誌に広告を打とう!」
こんな会話をしたことは無いでしょうか?
でもちょっと待ってください!!
新製品を告知するのに広告しか手が無いんでしょうか? そんなことはありません。PRという手があります。
「えっ、PR?」  PRってどういうことでしょう?新聞やテレビで紹介されて、爆発的に売れる商品もあります
PRは一般的には、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどのマスコミで紹介してもらうことを言います。
あなたの周りで、新聞やテレビに紹介されたら 、アッと言う間に売れてしまったモノはないですか? 広告をしているわけでもないのに、話題になっている商品は無いですか? これがPRの力です。
上手いPRで売れている商品はいっぱいあります。あなたが気が付いていないだけです。 PRの影響力は非常に大きい

PR活動を広告費に換算すると、広告の5〜10倍の効果があるのが普通です。

でも実際には、広告費ゼロ、しかも、在庫山積み、という状態だったのに、新聞やテレビで紹介された途端、アッという間に売れ、商品が足りなくなって工場を拡張した企業もあります。
PRにはあなたが想像する以上の効果があるのです。

PRの成果を知りたい方はこちらへ



コールセンターお宝発見プログラム サービス開始

コールセンターの通話記録は、新製品開発の宝の山です!通話記録をテキストマイングすることで、予想もしない新製品のアイデアを掘り出すことが可能です。ただいま、ガイドブック差し上げています。

「コールセンターお宝発見プログラム」ガイドブックのお申し込みはこちらへ

マスコミでの紹介

これまでに数多くのマスコミで紹介されています。テレビ東京「モーニングサテライト」で蒼天の「新規ビジネス育成プラン」での取り組みが紹介されました。

その他の紹介記事を読みたい方はこちらへ

PRガイドブック差し上げます!

PRガイドブック 「PRパワーで売れる仕組みづくり」、今なら、無料で差し上げます。

PRガイドブックのお申し込みはこちらへ

“売れるPRプログラム”って何?

“売れるPRプラグラム”に興味のある方はこちらへ



でも、新聞やテレビで紹介されたのに売れないこともあるんです


意外かもしれませんが、新聞やテレビで紹介されたのに売れない、と言うこともあるんです。マスコミで紹介されたからと言って喜んでいても、常に売上に結びつくわけではありません。
何故でしょう? それは、マーケティングを理解した上でPR活動をしないと十分な成果を発揮できないのです。
マーケティング? また、難しそうな言葉が出てきました。でも、ここで言うマーケティングはそれほど難しいことではありません。ここでは、「売れる仕組み」のことをマーケティング、と言っています。
PRを考える時には、売れる仕組みを作っておく必要があるのです。「売れる仕組み」を持ったPR、これが“売れるPR”です。“売れるPR”は、売上のアップとブランド認知度のアップを目的としています。これを専門的には、マーケティングPRと呼んでいます。

今までのPRは、新聞やテレビで紹介されることを目的と考えて、売上アップと切り離して考える傾向がありました。でも、良く考えて見ると、新聞やテレビで紹介されればビジネスは終わり、なんていうことはありません。売上アップ、あるいはブランド認知度のアップが目的の筈です。ということから、売上のアップ、ブランド認知度のアップを明確な目的とするべきです。 それに、PRの持つ大きな影響力を考えれば、売上のアップ、ブランド認知度のアップと切り離すのは意味のないことです。

売れない理由が分かっていますか?


商品やサービスを売る時に、商品の告知から始まって、販売にいたるまでのストーリーを描けていますか。商品の告知だけしてもモノは売れない、と言うことにお気づきでしょうか。チラシを配るだけでは売れない
広告の打ち方や広告の内容を一生懸命検討して、立派な広告を作って出稿した後で、いざ、販売実績を見てみると、大して実績が上がらなかった、という経験は無いでしょうか?  あれほど、広告の内容を検討したのになー、と徒労感を感じた経験は無いでしょうか?
これは一体、何が拙かったのでしょう? それは、広告を打つときに、同時に「売れる仕組み」を作っていなかったからです。
広告を打ってから、購入に至るまでの流れを作っていなかったことが原因です。「売れる仕組み」があればクルマも売れる「売れる仕組み」を作るという考え方を持っていますか? この考え方がないと、これから何度広告を出しても結局はうまくいきません。単に広告を打つときだけでなく、カタログ、パンフレット、チラシといった販促物すべてを作るときに 、「売れる仕組み」という考え方が必要となります。
現在は、「モノの売りにくい時代」 と言われていますが、モノを売るために本当に必要なこと、それは「売れる仕組みを作ること」です。

蒼天が提供する”売れるPR”はこんなサービス


このようなことを考えている方は蒼天にご相談下さい。


売上アップのためのPR

●あなたの会社の強み、弱み、  ライバルなどの外部環境の分析
●具体的な売れる仕組みの提案
●売れる仕組みの構築
●売れる仕組みに沿ったPRの企画立案
●PR活動の実施
●成果が上がるまでフォロー

ブランドの認知度を上げるためのPR

●ブランド認知度をあげるPRの企画立案
●ブランド認知度を上げるための仕掛けづくり
●継続的なPR活動

マスコミ向けPRイベントの企画、運営

●記者会見、プレスインタビューの企画、実施



「ブランドは広告でつくれない」は、米国の高名なマーケティング・コンサルタント アル・ライズ氏が書いて、ベストセラーになった著書のタイトルです。
 著者は、「PRには信頼性があるが、広告にはない」。「どんなキャンペーンでも第一段階においては、PRを使うべきなのだ」。従って、最初にPR、その次に広告、の順番になると言っています。

また、「高い成功を収めたブランドは、低い成功のブランドに比べて、より多くのPR活動を展開する傾向にある」 という調査結果が出ています。
日本と米国のPR事情は、まったく同じという訳ではありません。とはいっても、ブランド構築に果たすPRの役割は、かなり大きいと考えられます。少なくとも、 読者にとって新聞や雑誌の記事は真剣に読む部分ですが、広告は飛ばす傾向があるのは明らかです。





ここまでお読み頂きありがとうございます。

PRについてもっと詳しく知りたい!と思った方へ

“売れるPR” ガイドブックを無料で差し上げます。

PRガイドブックのお申し込みはこちらへ

“売れるPRプログラム”についてもっと知りたい!と思った方へ

“売れるPRプラグラム”に興味のある方はこちらへ


トップページ | PRガイドブック申し込み | PRのアドバイザー | ”売れるPRプログラム”
“売れるPR”マスコミでの紹介 | お客様の声 | 会社概要 | 代表者紹介 | 蒼天設立の主旨とねらい
蒼天はこんなことが得意です | マーケティングの考え方 | PR活動徒然草 | 販売戦略検討会 | クリエーター募集
40才代で起業する方へ | FAQ・問い合わせ先 | 個人情報保護方針 | 相互リンクのページ

このサイトはリンクフリーです。こちらのロゴをお使い下さい。